So-net無料ブログ作成
検索選択

郵便物を取り戻す! [たまごのつれづれ]

「おおっ!戻ってきたか、よしよし」。
帰宅すると、郵便物の不在通知が。
タマゴ、先日、郵便物の取り戻し請求といふのをしたばかり。
それた戻ってきたようです。

取り戻し請求、はじめての経験でした。
幸いにも、配達記録で郵送していたので、追跡も容易でした。
取り戻し請求票を書いて、550円支払っただけで済みました。

しかし、なぜ、取り戻し請求をするハメになったのか。

それはですなぁ。
この前、天下泰平くんに邪魔された書き物があったでしょーが。
アレを仕上げたのですよ、その翌日、やはり徹夜で。
で、早速、郵便局に持っていった。それが土曜日。

先方からは
「遅くとも、週明けまでには送ってくださいね」
と言われていたので、土曜に出せば、月曜には着く。
やれやれ、というわけで、
その夜は午前3時まで某中華料理店で飲んでいたのです。
オズの魔法使いくんと。(で、2,078円で済んだわけ)

しかし、その翌朝のこと。
寝起きのタマゴ、そのまま寝床である本を読んでいた。
そして、「ハッ・・・!」としたね。
思わず頭を抱え込んだ。
が、直接頭皮に触れることになるので、手がかりがなく、
ズルッとそのまま滑ってしまったけれども。

なぜ、頭を抱え込んだのか。
いや、なぜ、手を頭で滑らせるハメになったのか。

実はタマゴ、郵送したばかりの書き物のなかに含まれる、
致命的なミスに気づいてしまったのですよ!

書き物の最中、タマゴ、ある本を読んでいたのです。
そのなかに、書き物にうってつけと思われるフレーズを見つけた。
で、よせばいいのに(♪おんなにうまーれてーきったけーれどー♪)
それを引用してしまったのですよ。調子にのって。
ほんとに、よせばいいのに。(♪おんなのしわわせーまっだこーないー♪)

それは仏語のフレーズだったのですが、
引用にあたって、主語を省いて代名動詞の活用を不定詞(原形)に戻す必要があった。
で、不定詞(原形)に戻したつもりだったのですが・・・。
なんと、それが間違っとった!
といふことに気づいたのです。
それもごっつい初歩的なミス・・・。

血の気が引いたね。
さんざんリコーげに叩いとって、こんな初歩的なミスかいや!?ああ?
そう言われても仕方のない間違い。
書き物の内容そのものを疑われても仕方のない間違い。

どーしょーか・・・と思いましたね。
その部分についての訂正文を送ろうか、とも思った。
しかしね、それでは、結局、先方に、
「な~んだいや!リコーげ叩いて、この程度かいや!」
と思われかねない。(実際、「この程度」なのではあるが)

これは郵便物をまるごと取り戻すしかない!
そう思って、中央郵便局へ行ったのです。これが日曜日。
前述のとおり、配達記録で郵送していたので、
その時点でどこにあるのか、すぐに見つかり、
「ああ、まだ向こうの局に届いてませんね」。
タマゴ、安堵&安堵。
しかし、手続きする間、冷や汗、流れる、流れる。
ハンケチで汗を拭う、拭う。
郵便局の人、不審がる、不審がる。

で、日曜の夜、書き直して、月曜にまた中央郵便局に行った。
先方は
「遅くとも週明けには送ってくださいね」
と言っていたのだから、
週明け発送でもOKよ、という意味に解釈することにしたのです。
日本語というのは実に便利ですな。
手前勝手に解釈できて、至極都合がよい。

で、そのとき、郵便局の駐車場で、車をぶつけられた、
といふのが昨日のお話だったわけぇす。
あれは、
「あんましリコーげ叩かず、身の程を知れ!」
といふ天の思し召しだつたに違ひない。

そろそろ取り戻した郵便物が届く頃。(さっき、「自宅におりますぞ」と電話しといたのよ)
郵便屋さんを待ち受けねば!


【本日のおいしいごほん】

不滅 (集英社文庫)

不滅 (集英社文庫)

 

そのとき読んでいた本、というのはコレの仏語版。
コレは菅野昭正大先生による翻訳ですが、あまりよくないです。
原文に忠実であろう、とするあまり、(それがクンデラの要求でもありますが)
日本語なのに、読んでいて、
うーん・・・なんじゃらほいのほいほいほい、になってしまいます。
まるで、誰かのブログのようです。
まだしも英訳の方がわかりやすいのでは。(チラと見た限りでは、ですが)

もっとも、タマゴ、10年ほど前にコレで読んで、
それなりに感心した覚えが・・・。
かなり怪しい感心の仕方だったに違いない!
コレに限らず、クンデラの邦訳はわかりにくい傾向がありますね。
翻訳に厳しいのはわかるけど、
ホントにコレでいいの、クンデラさん?といふ感じ。
どうせ日本語わからないんだから、ある程度は原文崩していいんじゃない?

ま、あまり細かいことに拘らず読めば、(わかりにくいところはそのままにしておいて)
それなりに「むふふ・・・」の本です。

ちなみに、文庫化されたのは、タマゴが単行本で読んだあと。
文庫を本屋さんで見かけたときは、かなりショックでした。
クラクラしました。
「なぜ文庫化まで待てなかったのだ!タマゴのバカバカバカ!」
と頭をポカポカしながら自分を責めた。
が、頭皮に直接触れることになるので、ポカポカする拳も滑った。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

horigon

自慢じゃないですが、それに近いことを、今年になってから何度か
仕出かしています。
一度など、ある契約書を自分で完璧だと思い込み、複数のお客の前で
得意げに読み聞かせるうちに間違いに気付き・・・その後は、ご想像に
お任せします。
あ、それから先日など、文章の途中から甲と乙が入れ替わっていた
こともありました。・・・廃業も間近か

ところで、タマゴさんは難しい本ばかり読んでいるんですねぇ。
ミラン クンデラ の作品は、映画で見た『存在の耐えられない軽さ』
ぐらいしか知りませぬ。
by horigon (2007-08-15 12:46) 

温泉たまご

☆horigonさん。
ああ、あるなぁ、あるなぁ、文章を読み上げていて、
途中で間違いに気づく・・・ある、ある・・・。
そう思ってコメントを読んでおりましたが、
さすがに甲と乙には参りました。
これだけはタマゴも経験ありませんなー。
(もっともタマゴの甲乙関係は本職ではありません)
大竹まことに倣って、あえて言わせていただきませう!
朝青龍が早いか、アベちゃんが早いか、それともhorigonさんか?

クンデラは仕方なく読んでおるのでございます。
映画、いまだに観てないんですよねー。
これも仕方なく観なければなりますまい!
by 温泉たまご (2007-08-16 02:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。