So-net無料ブログ作成
たまごのお茶の間 ブログトップ
前の10件 | -

妄想する甲子園 [たまごのお茶の間]

甲子園、はじまりましたね。
入場行進だけ見ましたけど、
それだけですでに感動してしまった・・・。
これだから、できるだけ高校野球には無関心でいたいのです。

今年の鳥取県代表は境(さかい)高校。
水木しげる先生の生まれた境港(さかいみなと)市にある学校です。
境港市の「水木しげるロード」は今や、鳥取砂丘を凌ぐほどの観光客動員。
境高校ナインも「妖怪神社」にお参りしたのでせうか?

アルプススタンドに大漁旗がたなびき、(これは禁止されているので、すぐ注意されるぞ)
鬼太郎やねずみ男の着ぐるみが狂喜乱舞する!・・・・か?
境高校スタンドには注目!です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ビリー隊長、ついてゆきます! [たまごのお茶の間]

タマ母の入院した病院は、タマ爺の10年来のかかりつけでもあり、
また、我が友人・田園医師(医長というべきか)が勤務している病院でもあります。
診療科は違っても、やはり信頼できる友人が働いている病院というのは、
なんとはなしに安心感がありますね。
おまけに、ほかにも同級生が数名勤務していたりして、ますます信頼度がアップ。

タマ母入院の日、たまたま田園医師からメールをもらったので、
返信がてら「タマ母がそちらで世話になることになった」と書いたら、
翌日の朝、早速病室に訪ねてきてくれたそうです。
友人というのは、実にありがたいものですなぁ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

後藤千秋蕎麦 [たまごのお茶の間]

ウズラが朝日放送の『ごきげん!ブランニュ』を見ていて、叫びました。
「ちょっと!次のコーナー、ゴトーチアキソバだって!」
「なに?・・・・後藤千秋蕎麦・・・?」

それは、いったいどのような蕎麦であるのか?
後藤千秋という固有名詞を堂々と冠するあたり、よほど自信があると見える。
そもそも後藤千秋とはナニモノなのだ?
新進料理研究家か? それとも人気の蕎麦職人なのか?
あるいは売り出し中の新人タレントか?

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

最後の軍配 [たまごのお茶の間]

立行司の木村笑之助と申します。今場所を最後に定年、身を退くこととなりました。今日は行司人生最後の一日、朝からいつも以上に気合が入りました。まして、今日は横綱と大関が優勝決定戦を行うかもしれない千秋楽。これぞ我が行司人生の集大成、と知らず身が引き締まり、気が昂るのを抑えることができませんでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

大相撲実況ゴールデントリオ [たまごのお茶の間]

白鵬、残念でしたね。ちょっと勝ち急いだ。初日の黒星も勝ち急ぎでしたが、どーもこの人にはそういう悪い癖がある。ま、癖は誰にでもあるものなので、癖を克服するというより、癖以上の力をつければ済む話。白鵬はまだまだ強くなる力士なので、今後に期待。明日は横綱と優勝決定戦をやって勝って欲しいですねぇ。そして来場所は再び綱とりにチャレンジしてほしい。去年、綱とりが叶わなかったとき、解説の北の富士さんが、かつての盟友・玉の海が綱とりに一歩及ばなかったときの台詞、

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

アナグラム [たまごのお茶の間]

先日放送の『相棒』では、アナグラムが推理のポイントになってました。本名を入れ替えて芸名にする、というお話でした。

それにしても水谷豊、ときどきあの人に見えることがある・・・・ほれ、あの人・・・・BS2の『フォーク大全集』なんかに毎回出てくる・・・タマゴもCDを持っている・・・あれだ、アレ・・・・最近CMで見かけないけど・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

偉大なるキダタロー先生。 [たまごのお茶の間]

『探偵!ナイトスクープ』が好きなタマゴですが、どーもウズラも好きらしいです。

タマゴが放送を失念しているときでも、ウズラはしっかり見とるようです。

しかし、あの番組はスゴイですなぁ。

関西の視聴率調査では常にベスト5!に入っとる。どうかするとトップ!のこともある。

他局予算たっぷりの番組を押さえて、あのチープな番組が。

やはり、あのチープさ加減がよいのでせうか?

それに、あれを見ると、ごっついリラックスしますしなぁ~。

普段からゆるゆるのタマゴなのに、ごっついゆるゆるになってしまふ。

再起不能なほどゆるゆるになる。(すでに再起不能だわ!)

ところで。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

その時、砂丘が動かんかった。 [たまごのお茶の間]

昨日、NHKの『その時!歴史が動いた』の「柳田國男・遠野物語」の再放送がありましたね。
ゲストは作家の立松和平氏。
柳田が民俗学に開眼したという九州の山村。
そこを立松氏が訪ねる、というシーンがありました。
山道を歩く立松氏。
「ここは山ばっかりだね~。山また山・・・。山を越えても山・・・・。
ここにも人が住んでいるんですね~。それが日本という国なんですね~」。
もちろん立松氏は好感をこめて言っているのですが・・・・タマゴ、既視感に襲われてしまったな。
あれはカレコレ20年近く前のことになろーか。
タマゴはまだ大学生で、調布・飛田給の桂荘で暮らしている頃だった。

続きを読む


愉快なウズラさん [たまごのお茶の間]

ひとのことは言えんですが、
このところ天下泰平くんのブログ更新がないですな。
なんでもパスワードを忘れてしまったらしいですぞ。
このダラズめが・・・と見下しとったら、自分も忘れとりましたがな。
あんまし久しぶりの更新なもんで、
うっかり別ブログのパスワードを入力してしまいましたわいな。
エラー連発でしたわ。

別ブログの方、ほぼ一段落つきましたので、本来業務に戻れそうです。
これからは以前のとおり、チョコチョコ気まぐれに書いていきまする。

しばらくサボっている間にも、いろいろなネタが発生したのでありますが、
なにしろ三歩歩けば物事を忘れる性格、
なにがあったやらすっかり忘れてしまいましたわいな。
ま、放っておいても今後もいろいろネタが発生することでせう、とドーンと構えてみる。

最近はウズラに妙な言動が多く、
思わず「愉快なウズラさん」という新カテゴリーを考えてしまったほどですわい。
(ウズラに猛反対された)
忘れっぽいのでメモせないかんわけですが、
三歩歩くと忘れるので、すぐその場でメモる。
つまりウズラの目の前でメモる。
そしたら、ごっつい叱られるですわいな。メモするのも命がけですわい。
だもんで、大半はメモされることもなく、
そのまま「忘却とは忘れ去ることなり」になってしまったわけですが、
今日はわずかにメモに成功した事例をご紹介しませう。

かつてNHKの相撲中継で「出る出る出島」を「でぶでぶ出島」と、
「若々しい相撲です!」を「バカバカしい相撲です!」と聞き間違えたウズラですが、
今回はこうでした。

NHK「NHK手話ニュースの時間です」
ウズラ「え?痴話ニュース?」

だらず。そんなニュースがあるかい。(手話ニュースに申し訳なし)


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

バカバカしい相撲 [たまごのお茶の間]

テレビで大相撲中継を見ていた。
あるベテラン力士が登場した。
いつもは元気のいい相撲をとる力士だが、今場所は不調である。

しかし、その日は見事な速攻で寄り切った。
寄り切った瞬間、アナウンサーが叫んだ。
「若々しい相撲です!」
途端にウズラが笑い出した。
「バカバカしい相撲だって!」。

「でぶでぶ出島」以来、久々に相撲ネタでかましてくれた。
「バカバカしい相撲」とは、いったいどんな相撲なのであるか?


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - たまごのお茶の間 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。